英語

バイリンガル漫画

 

どうも歩兵@gontasan1992です。今日は英語初心者から中級の方にお勧めのバイリンガル版漫画について書こうと思います。なじみのないバイリンガル版漫画ですが以下の様な人達におススメです。

 

  • 英語の勉強を始めたいけどつまらなくて始める気にならない人
  • 英語の参考書は目次でギブアップな人
  • 基本的な事は勉強したけど教科書外の英語表現になるととたんにわからなくなる人
  • 会社で英語がいつか必要になるのに勉強する意欲がわかない人

 

英語の勉強において「とっかかり」は本当に大事だと思います。漠然とした苦手意識から、少しでも「英語イケるかも」というポジティブな意識に変わるだけでも英語能力のポテンシャルは格段に上がります。そのキッカケを与えられる可能性が高いのがバイリンガル漫画です。意外と知られていないですが、形式ばった対訳本よりもはるかに読みやすくて勉強の障壁が低いのが特徴です。本日はそんな素敵なバイリンガル版漫画を紹介して行きたいと思います。

やっぱり勉強は楽な方がいいよね!

部長 島耕作 / 社長 島耕作

皆さん大好き島耕作です。日本語で読んでも非常に勉強になる漫画ですが、実はバイリンガル版もあるんです。ビジネスが舞台になっているので、ビジネスで使われる単語を学ぶのにとても有効です。

こんな感じで女性と出かけたり女性を口説いたりするシーンもあるのでそういうシーンの予習にもなりますね(笑)島耕作ファンの方々は本当に一度読んでみて下さい。恐ろしいほど英語がスラっと頭に入ってきます。社会人でこれから英語を使う機会がある人に強くお勧めします。

※Kindle版がないのが難点

▼社長 島耕作

▼部長 島耕作

君の名は

言わずもがな名作ですね。日常会話が多いので日常で使われる英単語や表現の勉強になります。読みやすさを重視してか、やや日本語訳が短すぎるところが少し難点ですが、とにかく読みやすいので初めてのバイリンガル漫画としては非常におすすめです。

大体の人が映画を見たことがあってストーリーの予備知識があるので、英語でもスラスラ読めると思います。君の名はを見たことがある人は是非!

 

進撃の巨人

日常会話なんてどうでもいい。とにかく楽しく英語のインプットを増やしたい。そういう方には進撃の巨人がおすすめです。とにかく面白いので勢いよく読めます。僕は日本語でも全巻持っているので予備知識もあってザーッと読めました。戦闘に使われる英語表現のボキャブラリーや表現が非常に増えたのでいつか役に立つかなと思っています(笑)

「必ず仕留めるぞ」と言いたいときはは”Kill it without fail”と言います。よく使う日常表現ですね。覚えておきましょう。

 

はたらく細胞

少しマニアックな漫画ですが、Netflixでアニメを放映している事もあり知っている人も少なくないのかなと思います。シュールな表現が多くて、「こういう風に訳すのか」とタメになるケースが多いです。何より海外の病院で使われる単語を結構カバーしているので、日本人が心配しがちな「英語で病院に行く」という試練に立ち向かう為の準備が出来ます。

割と日常会話もカバーしているのでバランスよく学べると思います。そして赤血球(Red blood cells)が非常にかわいいです。

 

その他読んだことないけど面白そうな漫画

僕の漫画の趣味に合わないので読んだことはないですが、その他のバイリンガル漫画を紹介したいと思います。日本語版読んだことある!って人は予備知識があるので効率的に読めると思います。

ちはやふる

SHERLOCK ピンク色の研究

攻殻機動隊

まとめ

今回は簡単に楽しく英語の勉強が出来るバイリンガル漫画を紹介させて頂きました。そら参考書を沢山読むのが一番勉強になりますが、英語への苦手意識がついてしまったり、ストレスがたまってしまったり、何より続かないので是非イントロとしてバイリンガル漫画を使ってみて下さい。子供に英語へ興味を持たせる方法としてもいいと思います!

ABOUT ME
歩兵
MARCH卒。米国留学、米国インターンを経て総合商社に入社。現在米国駐在中。40人程の米人に囲まれながら日本人一人で奮闘しています。仕事の事やキャリアの事から子育ての事まで幅広く記事を書いていこうと思います。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。